関節痛の改善

ばね指の手術と失敗の危険性

 

ばね指の手術が失敗すると?

 

ばね指の症状がひどい時は、手術によって治療する方法があります。

 

ばね指の手術で一般的な方法は腱鞘切開と呼ばれるもので、腱鞘の一部を切ることで指が円滑に動くようにする手術方法です。

 

このばね指の手術、失敗しないのか少し不安になりますよね。

 

ばね指の手術は1センチ程度の小さな傷で済むとはいえ、手術は手術です。

 

医師の腕次第では、手術に失敗する可能性はゼロとは言えません。

 

手術に失敗して手術前よりもばね指の痛みがひどくなったり、指の神経を傷つけてしまったりなどの失敗が考えられます。

 

 

 

失敗がなくても手術後の痛みは続く

 

失敗する可能性があるとはいえ、ばね指の手術は比較的失敗が少ないとは言われています。

 

しかし仮に失敗せずに手術を終えたとしても、手術をしたからといって、劇的にばね指の症状が改善する訳ではありません。

 

確かに、ばね指によって動かなくなった指は動くようになり、ばね指自体は手術によって改善されます。

 

しかし、ばね指の痛み自体は、手術をしても無くなりません。手術後も1年ほどは痛みが続く場合が多いようです。

 

また、ばね指の手術後はリハビリも必要になってきます。お風呂で毎日ゆっくり指の曲げ伸ばしをするなどのリハビリを続けることで、少しずつ回復していきます。

 

 

 

本当に手術をする必要がありますか?

 

ばね指の手術に失敗する危険性を考えると、手術をしない方法をとりたいという方も多いのではないでしょうか。

 

ばね指は、手術をしなくても治す方法があります。ばね指の症状が出ている指を使わないようにすること、これがばね指を改善させる方法です。

 

使わないようにすれば、ほとんどのばね指は自然に回復していきます。

 

病院によっては、固定療法といって、一人一人のバネ指の状態に合った装具を作り、固定することで回復を早める治療をしてくれることもあります。

 

また、回復を早めるためにサプリメントをとるのもおすすめです。年齢とともに減少してしまうグルコサミンやコンドロイチンを摂取して、回復力を高めると良いでしょう。

 

ばね指の手術を考える際は、失敗して悪化する危険性や、手術後も痛みが長引く可能性も考慮し、本当に手術をする必要があるのか今一度検討してみてください。

 

【3倍パワー!グルコサミン】
ユンケルの佐藤製薬から登場!