関節痛を治す方法

鯖(さば)で関節痛を治そう!

関節痛には鯖(さば)にはが効く?

 

鯖(さば)には関節炎や関節リウマチの痛みを和らげる働きがあることを知っていましたか?

 

鯖(さば)は成人病を予防する栄養価の高い青魚だと連日のようにテレビでも取り上げられているほど物凄く栄養価の優れたお魚なのです。

 

辛い関節痛で生活が困難な方に、毎日食べていただきたい鯖(さば)が持っているたくさんの栄養成分をご紹介しましょう。

 

 

鯖(さば)の栄養価は関節痛を改善するだけではなかった

 

鯖(さば)には青魚の中でももっとも多くEPAが含まれます。EPAとはエイコサペンタエン酸といって、人間の体内では作ることができない栄養素のことです。

 

鯖(さば)を食べるとEPAが中性脂肪値を下げて血液をサラサラにしてくれます。

 

血行が良くなるため、関節痛を和らげるだけでなく血栓症・動脈硬化をも予防します。鯖(さば)にはがん予防や関節や筋肉の炎症も抑えてくれるため関節炎や関節リウマチなどあらゆる関節痛で苦しんでいる方に優れた効果を発揮しています。

 

関節痛に効く薬はこちら

 

 

恐るべし!鯖(さば)の効果はすごかった!

 

鯖(さば)にはEPAだけでなく他にもありがたい栄養素が含まれています。

 

関節痛だけでなく老化防止に役立つビタミンB2も多く含まれており、筋肉や骨をつくる機能がアップしますので関節に病気や痛みがある人にとっては必要な栄養素なのです。

 

もちろん肉や骨を作る良質なタンパク質も含まれています。そのほかにも鯖(さば)にはミネラル・カリウム・タウリンも含まれています。関節痛の方だけでなく、肩こり・腰痛・疲れ目にも最高に良いのです。

 

秋の季節は鯖(さば)が旬ですので、栄養価が一段と高くなります。

 

鯖の味噌煮は美味しいだけではなくサバと味噌の相性が素晴らしく疲れやすい体をほぐしてくれます。毎日が元気でいられる鯖(さば)は日本人に適した食材ですね。

 

 

鯖(さば)は缶詰でも関節痛に効果があった!

 

毎日鯖(さば)の料理が大変だと感じる方は、鯖(さば)の缶詰でも同じ栄養がありますので関節痛で苦しんでいられる方にはおすすめです。

 

すでに関節痛でお困りの方は、国が認めた効果の高い優秀なサプリメントを取り入れると早く効果が出てくると思います。おいしく食べて健康でいられることが一番の幸せだと思います。一日も早く関節痛が治りますように。

 

「美健知箋グルコサミン」 公式サイト