関節痛の改善

関節痛と生活習慣

関節痛は生活習慣病?

 

関節痛は、生活習慣の乱れによっても起こりやすくなります。

 

関節痛は加齢によって軟骨がすり減ることが原因とされていますが、毎日どのような生活習慣で生活しているかによって、関節痛へのなりやすさが変わってきます。

 

関節痛の原因となるような生活習慣は、改善させていきましょう。

 

 

 

関節痛の原因となる4つの生活習慣

 

関節痛の原因となる生活習慣1
  • 運動不足

運動不足によって筋肉が少なくなっていると、体を支えきれずに関節に負担がかかり、関節痛の原因となります。

 

 

関節痛の原因となる生活習慣2
  • 睡眠時間が短い

病気やケガなどは寝ている間に回復していくものですが、睡眠時間が短いと、疲労や不調が回復しきれず、関節痛になってしまう可能性があります。

 

 

関節痛の原因となる生活習慣3
  • 満腹以上に食べている

食べ過ぎによって肥満になると、体重の重みが膝や足首にかかり、関節痛の原因となります。

 

 

関節痛の原因となる生活習慣4
  • 栄養不足

偏った食習慣で栄養が足りないと筋肉や軟骨の修復が遅れ、関節痛が起こることがあります。特に軟骨の修復作用があるグルコサミンは、年齢とともに減少していくうえに、食事に含まれる量も少ないため、不足しがちです。

 

 

 

関節痛のための生活習慣改善方法

 

関節痛を予防し改善していくために、生活習慣を改善させていきましょう。

 

関節痛があると運動するのが困難かもしれません。そういう時は、無理せずできる範囲で運動に挑戦してみるのが良いでしょう。リハビリのような感覚で、ゆっくりストレッチで伸ばしたり、さすったり、曲げ伸ばしをしたりして、血流を良くしていきましょう。

 

また、睡眠の生活習慣も大切です。適切な睡眠時間は人それぞれ違います。朝スッキリと目覚められることを目安に、睡眠時間をしっかり確保しましょう。

 

生活習慣によって肥満にならないように、食生活を正すことも大切です。一日三食と三時のおやつ、食事は腹七分目までを生活習慣にすることで、肥満を改善できるはずです。

 

食事を抜いたりするのは生活習慣の改善とは言えず、かえって栄養バランスが崩れるため、しっかり食べて栄養をとった方が関節痛の改善にもつながります。

 

また、軟骨の修復作用のあるグルコサミンは、食事に含まれる量が少ないため、サプリでとるのが良いでしょう。

 

グルコサミンは年齢とともに減少していくので、関節痛対策にグルコサミンのサプリを習慣にしている方も多いです。

 

【3倍パワー!グルコサミン】
ユンケルの佐藤製薬から登場!