関節痛を治す方法

さくらんぼが関節痛を治してくれる

 

さくらんぼは、アメリカやカナダにおいて関節痛や痛風の特効薬と言われ毎日食べられています。さくらんぼには、尿酸値を下げる効果があります。むくみを取ったり関節の痛みをとってくれる働きをします。

 

特に梅雨の時期は、低気圧になり水毒になりやすくなります。水毒とは体内にある水分がうまく排出されずに体内に滞ってしまい代謝障害を起こすことです。発汗や排出に異常が起こります。たとえば、水が膝に溜まると膝関節痛になります。頭に水が溜まると頭痛になります。

 

さくらんぼには、体内の水のバランスを整える働きがあるため、さくらんぼを毎日食べることで、水分をうまく排出してくれますので、膝や頭に水が溜まることはありません。だから関節痛の予防になるのです。足や顔がむくむこともありませんし、今関節痛で辛い思いをされている方も痛みが和らぎます。

 

関節痛に効く薬はこちら

 

 

さくらんぼは一日20粒食べることで、関節痛や関節痛の予防・老化の予防にも効果があり、さくらんぼを食べてから約5時間経つと効き目があらわれます。

 

その他の効能に、さくらんぼには、消化吸収を高めるはたらきがあり体を温める作用があるため、冷え性の方にもおすすめです。さくらんぼに含まれるクエン酸が疲労回復に効果的です。
さくらんぼをたくさん食べるには、ジューサーでシュースにして飲んだり、ジャムにすると食べやすくなります。関節痛でお困りの方は毎日さくらんぼを食べてみてください。

 

今すぐに辛い関節痛を治したい方は、アメリカで研究・開発され信頼のあるこちらのサプリメントをご利用されることをおすすめします。関節痛に即効性があり食品ですので安全です。

 

「美健知箋グルコサミン」 公式サイト