関節痛の改善

指の使い過ぎによる関節痛

 

指の使い過ぎは関節痛の原因になる?

 

指は、使い過ぎると関節が痛くなることがあります。指の使い過ぎには注意しなくてはなりません。

 

指の使い過ぎというと、職業的に指を使いすぎてしまい関節痛になりやすい職業もあります。

 

配達員や演奏家、パソコン仕事、マッサージなど、指を使い過ぎて関節痛になりやすい仕事をしている場合は、関節痛にならないよう、適度に手を休めたり栄養をとるなどして関節痛を予防する必要があります。

 

また、仕事以外でも、家事で重い食器や調理器具を使用したり、趣味で手芸やスポーツなどをしていたり、指を使い過ぎることが多いと、関節痛になりやすくなります。

 

指を使い過ぎることで軟骨がすり減り、関節痛になってしまうのです。指を使い過ぎて関節痛になった場合、進行すると指が変形してしまうことがあります。

 

 

指の使い過ぎによる関節痛の治し方

 

指の使い過ぎで関節痛になった場合、当然指を使い過ぎていることが原因ですから、指を使わないようにすることが治療方法となります。

 

とはいっても、今まで指を使い過ぎてしまっていた訳ですから、なかなか指を使わないようにするのは難しいですよね。

 

そういう場合は、サポーターをつけたり、湿布を貼ったりして、指を使い過ぎていることを視覚的に確認できるようにすると良いです。

 

また、指の使い過ぎで軟骨がすり減ってしまって関節痛になるので、軟骨の修復を促すグルコサミンと、軟骨が壊れるのを防ぐコンドロイチンをとるようにすると良いでしょう。

 

グルコサミンやコンドロイチンは食事では含まれる量が少なく、摂取が難しいので、サプリメントを飲むのがおすすめです。

 

グルコサミンとコンドロイチンをどちらも摂取できるサプリメントは製薬会社からも出されています。

 

おすすめはグルコサミンの3倍パワーを発揮すると言われるN-アセチルグルコサミン配合の美健知箋(びけんちせん)という佐藤製薬のサプリメントです。

 

【3倍パワー!グルコサミン】
ユンケルの佐藤製薬から登場!