関節痛の改善

膝の関節痛と運動不足解消方法

膝の関節痛の原因は運動不足?

 

運動不足は膝の関節痛の原因になります。

 

まず、運動不足になると太りやすくなりますよね。食事で栄養をとっても、カロリーを消費しきれず、余った栄養が脂肪となって体に蓄えられてしまいます。

 

運動不足によって体重が増えるとその分膝にかかる負担が大きくなり、膝の関節痛になりやすくなってしまうのです。

 

また、運動不足で座りきり、もしくは立ちっぱなしの生活をしていると、血流が悪くなります。せっかく栄養をとっても、血流が悪いと血液が栄養を運ぶ効率が下がり、膝の関節痛がなかなか治らないということになってしまいます。

 

つまり、運動不足を解消することができれば、膝の関節痛にも良い効果が期待できるということです。運動不足を解消することで筋肉がつけば、膝の関節痛の負担も軽くできます。

 

ですから、まずは膝の関節痛のために運動習慣をつけ、運動不足を解消していきましょう。

 

 

膝の関節痛のための運動不足解消法

 

膝の関節痛を改善させるために運動不足を解消する際は、運動をしすぎないことが大切になってきます。

 

運動不足を早く解消させて早く膝の関節痛を治したいと思うばかりに激しい運動をしてしまうと、かえって膝に負担がかかり、膝の関節痛を悪化させてしまう可能性があるのです。

 

ですから、軽い運動から始めて、少しずつ筋肉をつけ、運動不足を解消させていくことが大切です。

 

運動不足解消のためのおすすめの運動は、ウォーキング、ヨガ、ストレッチです。手軽にできて続けやすい運動が良いですね。もし運動不足解消のために運動をしてみたとき、痛みを感じたら無理せず止めることも大切です。

 

すでに膝の関節痛がある場合は、ストレッチなどで筋肉を伸ばすところから始めると良いかもしれません。また、運動の際は膝にサポーターをつけると、膝への負担を軽くすることができますよ。

 

 

運動不足解消とともに栄養をとろう

 

運動不足を解消する際は、栄養をとることも大切です。運動によって血行が良くなり筋肉がほぐれたところで栄養をとることが効果的なのです。

 

膝の関節痛の原因となる軟骨のすり減りを修復させるグルコサミンは、しっかりとっていきたいですね。

 

グルコサミンはカニやエビなどの甲殻類の殻に含まれていますが、食事でのグルコサミン摂取はほとんどできないと言われています。運動不足解消の際には、グルコサミンのサプリメントを常備しておくと心強いですね。

 

【3倍パワー!グルコサミン】
ユンケルの佐藤製薬から登場!