坐骨神経痛で歩けない

坐骨神経痛で歩けない

【悩み相談】 坐骨神経痛で歩けません

 

今朝目が覚めて起きようとしたら、ウエストのあたりより下から肛門のあたりまでが痛くて起き上がるのが大変でした。坐骨神経痛または腰の関節痛だと思います。治し方を教えてください。

 

 

【坐骨神経痛で歩けない:原因】 腰のあたりの筋肉が衰えている

 

突然起こる坐骨神経痛(腰関節痛)は、とくに寒い冬に発症しやすいです。日頃あまり歩かない方や運動量が足りない方は、腰の周辺の関節を支える筋肉が衰えていて坐骨神経痛(腰関節痛)になりやすいです

 

一日中座る時間が多い人も坐骨神経痛(腰関節痛)になりやすいので、こまめに立って背伸びをすることが大切です。

 

坐骨神経痛(腰関節痛)の鈍痛は、本当に辛いです。一度坐骨神経痛(腰関節痛)が発症しますと繰り返し坐骨神経痛にかかります。早めの治療や対処が必要です。

 

 

【坐骨神経痛で歩けない:治し方】 

 

坐骨神経痛で歩けない:治し方1

痛くないように治るまでは無理をしない生活を送る。

 

坐骨神経痛で歩けない:治し方2

毎日お風呂につかって腰や足、首や肩を温める。

 

坐骨神経痛で歩けない:治し方3

お風呂あがり又は寝る前に痛みのある腰のあたりに冷湿布を貼る。(温湿布は肌がかぶれやすので注意が必要です)

 

坐骨神経痛で歩けない:治し方4

痛みが軽減してきたら少しずつ歩くようにして歩く時間を長くしていく。

 

 

【坐骨神経痛で歩けない:まとめ】 

 

坐骨神経痛はちょっと分かりづらい病気で腰の関節痛と非常によく似ています。なかなか区別がつきません。

 

坐骨神経痛は1〜2週間で治ることが多いので、体を温かくして無理せずにのんびりお過ごし下さい。腰の関節痛は治るのに時間がかかります。長期戦になりますので休養しながら栄養補給を怠らず気長に治していきましょう。

 

坐骨神経痛や腰の関節痛が治ってきましたら、一日30分〜1時間くらいを目安に歩きましょう。普段足腰を丈夫にしておくことで坐骨神経痛や腰の関節痛を予防していきましょう。

 

度々坐骨神経痛や腰の関節痛にかかってしまう方は、関節痛に有効なサプリメントで足りない栄養分を補うことも必要かもしれません。

 

「美健知箋グルコサミン」 公式サイト