関節痛の改善

関節痛と食生活

関節痛は食生活で改善できる?

 

関節痛と食生活には密接な関わりがあります。食生活が乱れると、太りやすくなります。

 

太るとその分の体重が下半身にかかり、膝や足首への負担が大きくなります。その結果、膝や足首の関節痛になりやすくなります。

 

また、食生活を整えて栄養をしっかりとっていると、修復機能も高まります。食生活によって回復力を高めることで、膝や足首以外の関節痛も早く治すことができるようになります。

 

関節痛の改善のための食生活で大切なのは、太りにくい食生活にすることと、関節痛を治すための栄養をきちんととることです。

 

 

関節痛のための5つの食生活改善方法

 

関節痛のための食生活改善1
  • ゆっくり時間をかけて食べる

お腹の空き具合を把握するのにはタイムラグがあるため、早食いすると、気付いた時には食べ過ぎてしまっていることが多いです。

 

ゆっくり食べることで、食べ過ぎを防ぎます。腹七分目で止める意識で食べましょう。

 

 

関節痛のための食生活改善2
  • お腹が空いてから食べる

お腹が空いていないのに食べると、食べ過ぎの原因になります。余った栄養が脂肪となって溜まってしまうので、お腹が空いてから食べるようにしましょう。

 

 

関節痛のための食生活改善3
  • 食事を抜かない

食事を抜くなどの極端なダイエットを行うことはかえって逆効果です。食事を抜くことで栄養が行き渡らなくなると、飢餓状態のスイッチが入り、エネルギーを溜め込もうとしてしまいます。

 

その結果、代謝が悪くなり、太りやすくなります。お腹が空いたら、しっかり食事をするようにしましょう。

 

 

関節痛のための食生活改善4
  • 食順に気を遣う

汁物→野菜→肉や魚→炭水化物の順で食べることで、血糖値の上昇を抑えます。

 

 

関節痛のための食生活改善5
  • 寝る前は食べない

寝る前の食事は睡眠の質を低下させてしまいます。せっかく栄養をとっても、眠りが浅くなると関節痛の回復力も下がってしまいますので、寝る前3時間は食べないようにしましょう。

 

 

関節痛を早く治し、予防するために

 

関節痛を改善、予防するには、食生活を改善させることが大切です。関節への負担を減らすためにも、余分な脂肪は落としていきましょう。

 

関節痛にはグルコサミンが良いとよく言いますが、それはグルコサミンに、関節痛の原因となる軟骨のすり減りを修復する作用があるからです。

 

グルコサミンが食事でとれれば良いのですが、残念ながら食事からはほとんどとることができません。関節痛を早く治したい方は、サプリメントでグルコサミンをとると良いでしょう。

 

【3倍パワー!グルコサミン】
ユンケルの佐藤製薬から登場!