関節痛の改善

肥満による関節痛の原因と改善方法

肥満が関節痛の原因になる?

 

肥満になると、体の体重分の負担が関節にかかります。特に、肥満によって膝や足首の関節痛になりやすくなります。

 

膝や足首の関節は、上半身の体重を支えている訳ですから、肥満によって体重が増えれば増えるほど関節痛になりやすくなります。

 

関節痛を引き起こす肥満の大きな原因となるのが、食生活の乱れです。肥満と関節痛のための生活習慣の改善、まずは食生活から改善していきましょう。

 

関節痛の原因となる肥満になりやすい生活を送ってしまっていないかどうか、毎日の食生活を振り返ってみてください。

 

 

関節痛を引き起こす肥満の3つの原因

 

関節痛を引き起こす肥満の原因1
  • 食べ過ぎ

肥満を防ぐには腹八分目、とよく言いますよね。満腹以上食べてしまうと、余った栄養が脂肪として体に蓄えられ、肥満と関節痛の原因となってしまいます。

 

 

関節痛を引き起こす肥満の原因2
  • 早食い

お腹の空き具合が分かるまでにはタイムラグがあります。そのため、食べるスピードが早いと、「満腹ですよ」と脳が教える頃にはすでに満腹以上食べ過ぎてしまっているという事態になります。

 

食べ過ぎて肥満と関節痛にならないためにも、よく噛んでゆっくり食べ、腹八分目で止めましょう。

 

 

関節痛を引き起こす肥満の原因3
  • 脂っこい食事をしている

脂っこい食事をしていると、食事量が少なくても肥満になりやすくなります。とくに、何度も繰り返し使われた質の悪い油は、肥満の原因となります。

 

新鮮な油や亜麻仁油などの質の良い油を使うだけでも肥満の改善につながります。もちろん、油をとりすぎないことも大切です。

 

 

関節痛の原因となる肥満を改善するために

 

肥満は関節痛の原因となります。そして肥満の原因となるのが食生活の乱れです。

 

バランスの良い食事をすることと、食事は腹八分目までにすること、これが肥満と関節痛の予防と改善のために大切なことです。

 

関節痛は軟骨がすり減って起こると言われていますが、すり減った軟骨を修復させる働きがあるのが、グルコサミンです。

 

しかし、軟骨のすり減りが大きかったり、年齢とともに体内のグルコサミン量が減っていくと、軟骨の修復が遅れ、関節痛を引き起こします。

 

グルコサミンは食事に含まれる量が少ないため、サプリを飲んで栄養をとっていくと良いですね。

 

【3倍パワー!グルコサミン】
ユンケルの佐藤製薬から登場!