関節痛の改善

関節痛と食べ過ぎを防ぐ方法

食べ過ぎが関節痛の原因になる?

 

関節痛は、食べ過ぎが原因で起こることがあります。

 

食べ過ぎるとエネルギーとして消費されなかった分が脂肪として体に蓄えられてしまいます。

 

食べ過ぎを続けていると脂肪が増え、体重が増加して、体が重くなります。体の重みが膝や足首の関節にのしかかり、関節痛になったり関節痛が悪化したりするのです。

 

関節痛の予防と改善のためにも、食べ過ぎないように対策していきましょう。

 

 

関節痛のための4つの食べ過ぎ防止方法

 

関節痛のための食べ過ぎ防止方法1
  • 食事に時間をかける

ゆっくり食べることで、お腹の空き具合が把握でき、食べ過ぎを防ぐことができます。

 

 

関節痛のための食べ過ぎ防止方法2
  • お腹が空いたら食べる癖をつける

時間になったから食べなきゃ!とか、なんとなく小腹が空いたからお菓子をつまむ、とかいった習慣は食べ過ぎの原因となりますので、改善させましょう。

 

お腹が空いてから食べる癖をつけることで、自分がお腹が空くタイミングが分かり、食事のリズムも安定してくるはずです。

 

 

関節痛のための食べ過ぎ防止方法3
  • 栄養バランスの良い食事をする

栄養が足りていないと、甘いものが無性に食べたくなったり、こってりしたものが食べたくなったりします。

 

無理な食事制限はかえって食べ過ぎてしまう原因となるので、バランスを重視して栄養をとっていきましょう。

 

 

関節痛のための食べ過ぎ防止方法4
  • 腹七分目になったら食事を止める

食べ過ぎないために、満腹になる前に食事を止めることが大切です。食事を残すことに抵抗がある場合は、最初から食事を少なめに用意するという方法もおすすめです。

 

 

関節痛を早く治すために

 

食べ過ぎを防止して、余分な脂肪を落とし、関節痛への負担を減らしていきましょう。

 

関節痛を早く治すには、軟骨のすり減りを修復するグルコサミンをとると良いでしょう。グルコサミンは食事ではほとんどとることができないので、サプリを持っておくと安心ですね。

 

【3倍パワー!グルコサミン】
ユンケルの佐藤製薬から登場!