関節痛の改善

太りすぎによる関節痛の原因と改善方法

太りすぎが原因で関節痛になる?

 

関節痛は、関節の軟骨がすり減ることで痛くなります。

 

太りすぎると体重が増えますよね。太りすぎによって増えた体重を、膝の関節が支えています。

 

つまり、太りすぎた分だけ膝の関節に負担がかかり、軟骨のすり減りが多くなって、関節痛になってしまうのです。

 

関節痛になると、その痛さから運動不足になりがちです。すると消費カロリーが減ってさらに太りすぎる原因となり、関節痛が悪化してしまう、という悪循環に陥ってしまうこともあります。

 

ですから、関節痛の改善のためにも、太りすぎを解消させていくことが大切です。

 

 

太りすぎて関節痛になる原因

 

太りすぎて関節痛になる原因として多いのは、食べ過ぎと間食です。

 

満腹以上食べてしまうと、消費されずに余った栄養が脂肪として蓄えられ、太りすぎと関節痛の原因になります。

 

また、間食をしていると、血糖値が常に高い状態がキープされてしまい、太りすぎる原因となります。

 

 

関節痛のための太りすぎ解消法

 

太りすぎの状態を解消させるには、まず食生活を改善させることが大切です。

 

お菓子の食べ過ぎや脂っこい食事などは、太りすぎの原因となります。甘いものや炭水化物、油物が食べたくなるのは、もしかすると栄養不足なのかもしれません。

 

必要な栄養がバランス良くとれていないと、お菓子などの嗜好品が食べたくなってしまうことがあります。

 

太りすぎないために、しっかりと栄養をとっていきましょう。

 

単品だけ食べるダイエットや、食事を抜くダイエットは、栄養のバランスを崩しやすく、かえって太りすぎる原因となることがあります。

 

栄養バランスの良い食事と腹八分目を意識することで、一日三食と三時のおやつをしっかり食べても太りすぎにはならないはずです。

 

太りすぎによる関節痛には、グルコサミンを摂取するのもおすすめです。グルコサミンには、関節痛の原因である軟骨のすり減りを修復する働きがあります。

 

グルコサミンは食事ではほとんど摂取できないので、サプリメントでとると良いでしょう。

 

【3倍パワー!グルコサミン】
ユンケルの佐藤製薬から登場!