関節痛に効く漢方薬

 

「桂枝加朮附湯」(けいしかじゅつぶとう)関節痛に効く漢方薬!

 

「桂枝加朮附湯」 (けいしかじゅつぶとう)

 

ツムラの漢方薬「桂枝加朮附湯」(けいしかじゅつぶとう)は、『吉益東洞』という江戸時代の医師が考えた漢方薬で、主に四肢の関節が痛んだり腫れたりして動かしにくい「関節痛」、「神経痛」の治療に用いられています。
ツムラの漢方薬『桂枝加朮附湯エキス顆粒』は、「桂枝加朮附湯」 (けいしかじゅつぶとう)から抽出したエキスより製した服用しやすい顆粒です。手、足、肘、膝、肩などの関節痛・神経痛に効果があります。

 

「桂枝加朮附湯」(けいしかじゅつぶとう)
関節痛に漢方薬桂枝加朮附湯


 

漢方薬ツムラ【桂枝加朮附湯】

 

 

 

 

「桂枝加朮附湯」(けいしかじゅつぶとう)効果・効能 関節痛、神経痛を改善する漢方薬です。

 

 

 

関節変形のない関節痛や筋肉痛、神経痛がある

 

かつ、次のうちどれかに当てはまる方

 

「桂枝加朮附湯」(けいしかじゅつぶとう)体力があまりない
「桂枝加朮附湯」(けいしかじゅつぶとう)汗をかきやすい
「桂枝加朮附湯」(けいしかじゅつぶとう)手や足先が冷える
「桂枝加朮附湯」(けいしかじゅつぶとう)寒がりですぐ鳥肌が立つ
「桂枝加朮附湯」(けいしかじゅつぶとう)手足がマヒしている
「桂枝加朮附湯」(けいしかじゅつぶとう)頭痛や肩こりがある
「桂枝加朮附湯」(けいしかじゅつぶとう)尿量が少ない
「桂枝加朮附湯」(けいしかじゅつぶとう)口の中が渇く

「桂枝加朮附湯」(けいしかじゅつぶとう)手足の関節が腫れている
「桂枝加朮附湯」(けいしかじゅつぶとう)貧血

 

の治療に向いている漢方薬です。


 

 

「桂枝加朮附湯」(けいしかじゅつぶとう)冷え症
「桂枝加朮附湯」(けいしかじゅつぶとう)慢性関節リウマチ
「桂枝加朮附湯」(けいしかじゅつぶとう)肋間神経痛
「桂枝加朮附湯」(けいしかじゅつぶとう)五十肩

 

などの治療にも用いられています。


 

これらの症状を改善していく漢方薬です。この漢方薬を服用すると全身の血行を良くして、体を温めながら関節痛や神経痛などの痛みを取っていきます。

 

 

 

「桂枝加朮附湯」(けいしかじゅつぶとう)成分・分量

 

本品2包(3.75g)中、下記の割合の混合生薬の乾燥エキス1.875g を含有します。
日局ケイヒ‥‥‥‥‥‥2.0g
日局シャクヤク‥‥‥‥2.0g
日局ソウジュツ‥‥‥‥2.0g
日局タイソウ‥‥‥‥‥2.0g
日局カンゾウ‥‥‥‥‥1.0g
日局ショウキョウ‥‥‥0.5g
日局ブシ末‥‥‥‥‥ 0.25g

 

関節痛や神経痛を治療するためのツムラの漢方薬 桂枝加朮附湯

 

 

 

「桂枝加朮附湯」(けいしかじゅつぶとう)用法・用量

 

次の量を、食前に水またはお湯で服用してください。
年齢 1回量 1日服用回数

年齢 1回の量 1日の服用回数
成人(15歳以上) 1包(1.875g) 2回
7歳以上15歳未満 2/3包 2回
4歳以上 7歳未満 1/2包 2回
2歳以上 4歳未満 1/3包 2回
2歳未満 服用しないでください 服用しないでください

≪用法・用量に関連する注意≫   ツムラ漢方薬「桂枝加朮附湯」-関節痛・神経痛-
漢方薬「桂枝加朮附湯」を小児に服用させる場合には、保護者が十分に注意をして服用させてください。

 

 

 

漢方薬ツムラ【桂枝加朮附湯】