痛風は食事で改善 ダメな食品一覧

食事に気を付ければ痛風の予防と改善ができる

 

関節に痛みが伴う痛風はなぜ起こるの?

 

足などの関節に痛みが伴う痛風はツラいですね。痛風は、尿酸値が上がりすぎてしまうことで起こります。尿酸が増えすぎると結晶化し、その結晶が何かの拍子に剥がれ落ちると、白血球がその結晶を異物と勘違いして攻撃してしまいます。その結果炎症が起こって痛みが生じてしまうのです。これが痛風です。

 

関節の痛みに!即効性サプリ

 

 

痛風にダメな食事一覧

 

痛風にはプリン体が含まれている食事はダメ!とよく言いますよね。それは、痛風の原因となる尿酸がプリン体から作られるからです。ですから痛風には、プリン体が多く含まれている食事はダメなのです。下記の痛風にだめな食事一覧は、プリン体が多く含まれている食事一覧でもあります。下記のプリン体が多く含まれている痛風にダメな食事一覧を見て、自分の食生活と照らし合わせながら痛風の際に食べてはダメな食事をしていないかチェックしてみてください。それでは痛風にだめな食事一覧をご紹介します。

 

100g中プリン体300mg以上含む痛風にダメな食事一覧
  • 鶏のレバー
  • マイワシの干物
  • イサキ白子
  • アンコウ肝
  • かつおぶし
  • 煮干し

 

100g中プリン体200mg〜300mg以上含む痛風にダメな食事一覧
  • 豚レバー
  • 牛レバー
  • イワシ
  • カツオ
  • マイワシ
  • 大正エビ
  • マアジの干物
  • さんまの干物

 

上記のプリン体が多く含まれている食事一覧にある食べ物は、痛風の方が食べると悪化する危険性がありますので、痛風の方はこの一覧にある食べ物はたくさん食べてはダメです。痛風の予防にもこれらの痛風にダメな食事一覧にある食べ物は食べ過ぎないように注意しましよう。

 

 

痛風にダメな食事一覧になくても食べ過ぎはダメです

 

上記の痛風にダメな食事一覧に無い食べ物であっても、食べ過ぎは良くありません。痛風の原因は、プリン体を含む食べ物を食べることももちろん原因の1つなのですが、「食べ過ぎ」も痛風の原因となります。プリン体を多く含む食事一覧に入っている食べ物、つまり痛風にダメな食べ物を控えたとしても、「食べ過ぎ」の食事をしてしまうことで、痛風になったり、痛風が悪化したりします。

 

痛風を改善したい方、痛風を予防したい方は、痛風にダメな食事一覧に無い食べ物であっても食べ過ぎたり飲み過ぎたりしないようにしましょう。

 

  • 一回の食事は腹八分目までにする
  • アルコールは日本酒換算で一日一合までにする
  • 糖分のない水やお茶などを毎日飲む

 

痛風にダメな食事一覧にある食べ物を控えることはもちろんのこと、上記のことも意識して、食生活を改善していきましょう。

 

 

痛風とサプリメント

 

痛風を改善したい方、食生活が気になる方は、サプリメントを飲んでみてはいかがでしょう。尿酸値を下げるアンセリン、炎症や痛みを抑えるキャッツクローなどの健康成分が手軽に摂れるのでおすすめです。

 

つらい痛風に!恵葉プレミアムサプリ