肩の関節痛の治療方法とは!

肩の関節痛の治療方法とは!

 

指の関節痛 肩関節痛の治療方法一覧

 

肩関節痛の治療方法

四十肩・五十肩 肩の強い痛みが特徴で、特に夜間就眠時の痛みが強く、睡眠障害になることもあります。 1-2ヵ月すると、痛みは軽くなりますが、肩の動きが悪くなるのでリハビリテーションを行うと、ほとんどの方の痛みや動きの制限は軽減します。もし数ヵ月 たっても痛みや動きの制限が治らない場合には受診しましょう。
肩関節不安定症 日常生活動作に支障がある場合や、スポーツに障害がある場合には、内視鏡による手術をお勧めします。手術創が小さく、筋肉にいっさい損傷を加えないため、術後の疼痛が少なく、筋力の低下がおきません。
腱板断裂

腱は4本あるために、1本〜2本が断裂した場合には、適正なリハビリを行うと症状が軽くなり手術をしないですむ場合があります。 しかし、断裂した腱板は、自然につながる事はありませんので、治療の選択には専門医のアドバイスが必要となります。

インピンジメント症候群 腕や肩の使いすぎで腱板機能が低下することによって発症します。症状を感じた場合には受診をお勧めします。
肩のスポーツ障害 ブロック注射をしたりしながら運動負荷をかけて診断を進めていきます。リハビリテーションでスポーツ復帰が可能ですが、効果不十分で復帰不能な場合は、内視鏡手術でピンポイントでの修復を行います。手術創が小さく、正常な筋肉に損傷を与えないため、術後の痛みは少なく、筋力低下はおきません。

 

関節痛を引き起こす要因として、生活環境や精神的なストレスなどもあります。数ヵ月 たっても痛みや動きの制限が治らない場合があります。肩関節の痛みとともに動きの制限がある場合には早めの受診をお勧めします。

 

 

なかなかお医者さんに行けない方、関節痛がつらくてお困りの方は、新軟骨成分のサプリメントを一度お試しください。早く痛みから解放されて楽しい生活を取り戻しましょう。

 

 

「美健知箋グルコサミン」 公式サイト