グルコサミンが関節痛を予防する!

関節痛の予防にグルコサミン

 

グルコサミンと関節痛 グルコサミンが関節痛を予防する!

 

 

人間の関節や骨格には、グルコサミンが存在し、軟骨、爪、皮膚、心臓弁に含まれています。私たちの体の中には、グルコサミンがあちらこちらに存在していて、細胞を作り出す働きをしています。グルコサミンは関節の細胞の新陳代謝に密接に関わっており、関節をなめらかに動かすことができる成分です。

 

 

赤ちゃんのころと比べ大人になるとグルコサミンは2割ほどしか残っていません。さらに20代半ばを過ぎると、加齢とともにグルコサミンはもっと減少していきます。減少すると関節の動きが悪くなり、やがては痛みを伴い関節痛になります。

 

 

膝の曲げ伸ばしや、手の指の関節の動きが悪くなり、こわばりや痛みを伴うのはそのせいです。グルコサミンは、短期では十分に取ることができません。長期にわたって継続して接取していくことで、関節細胞の代謝を促し細胞の再生が期待されると言われています

 

。関節痛を改善していくためには、食事やサプリメントで補う必要があります。関節痛の予防にも関節の動きを滑らかにするためにも食事やサプリメントでグルコサミンを積極的に取り入れていくよう心がけましょう。

 

関節痛に効く薬はこちら

 

 

 

グルコサミンを含む関節痛に効果のある食品

甲殻類 エビ、カニ
肉類 鶏の手羽先、牛・豚・鶏の軟骨、鶏の皮
魚類など ウナギ、ふかひれ、干しエビ、山芋、おくら

 

 

 

グルコサミンと関節痛 関節痛にはグルコサミンが効く!サプリメントで早く関節痛を緩和する!

 

 

関節痛を改善できるグルコサミンはエビやカニなどの甲殻類に多く含まれますが、アレルギーがある場合は、エビやカニの殻などを原料としたグルコサミンのサプリメントは摂取できません。また、食品でグルコサミンを取り入れていく場合にも量に限りがあります。関節痛の緩和のためにグルコサミンを摂取したい場合は、サプリメントで効率よくグルコサミンをとっていくことをおすすめします。

 

「美健知箋グルコサミン」 公式サイト