関節痛の改善

何もしてないのに関節痛になるのはなぜ?

何もしてないのに関節痛になる原因

 

何もしてないのに関節痛になると、いったいなぜ関節痛になってしまったのか、不思議ですよね。

 

何もしてないのに関節痛が起こる原因はいくつか考えられます。

 

 

何もしてないのに加齢で関節痛に

 

何もしてないのに関節痛が起こる原因の一つは加齢です。

 

年齢とともにグルコサミンという成分が減少していき、軟骨の修復が追いつかなくなってしまいます。すると軟骨がすり減っていき、関節痛になるという訳です。

 

 

何もしてないのに関節の動かし方で関節痛に

 

何もしてないのに関節痛が起こる原因のもう一つは、関節の動かし方です。

 

何もしてないつもりでも、自然の動きに反した関節の動かし方をしていると、関節痛になることがあります。

 

例えば、振り返って後ろを向くとき、膝をねじって振り返る癖がついていると、膝の関節痛になりやすくなります。

 

指の付け根を軸に回転するように振り返るなど、関節に負担をかけない動きを心がけましょう。

 

 

何もしてないのに運動不足で関節痛に

 

運動不足で何もしてない状態でも関節痛になりやすくなります。

 

体を支えるための筋肉が少ないと膝や足首などの関節に負担がかかってしまい、関節痛が起こることがあります。

 

何もしてないことがかえって関節痛の原因になってしまうのですね。運動のしすぎも関節痛の原因になりますが、運動不足も関節痛の原因になります。

 

軽めの適度な運動で、少しずつ無理無く体を鍛えていきたいですね。

 

 

関節痛を改善するには?

 

何もしてないのに関節痛が起こったら、まずは原因を突き止めて改善させましょう。関節に負担がかからないような動きを心がけることと、日頃から無理なく運動を行い筋肉をつけることです。

 

また、栄養をとることも大切です。グルコサミンは関節痛の原因となる軟骨のすり減りを修復させる作用があり、関節痛の改善に欠かせない栄養素です。

 

食事ではカニやエビなどの甲殻類の殻に含まれていますが、グルコサミンを食事で十分にとることはできないと言われています。グルコサミンはサプリでとることができるので、関節痛の改善と予防のためにも常備しておくと良いでしょう。

 

【3倍パワー!グルコサミン】
ユンケルの佐藤製薬から登場!