関節痛の症例と対策

関節痛と痛み止めについて

【質問】手指の関節痛は病院から処方された痛み止めの薬で治りますか?

 

親指と人差し指の関節が痛くて動かせなくなったので、整形外科で関節痛の痛み止めの薬を処方してもらいました。お薬はロキソニンとムコスタです。これらのお薬を飲んでいれば親指と人差し指の関節痛は治りますか?

 

 

【回答】痛み止めでは関節痛は治りません

 

病院のお薬や市販薬は、すぐに関節痛の痛みを止めることはできますが、治すことはできません。

 

ロキソニン薬は強い関節の痛みを止めることができる痛み止め薬です。単なる「痛み止め」であり、関節を治す作用は無いのです。

 

またロキソニンをはじめとする強い痛み止め薬は、胃腸に負担をかけてしまいます。そのため胃の粘膜を保護する役割があるムコスタ薬が一緒に処方されます。それでもロキソニンなどの痛み止め薬を長く飲み続けていると内蔵を壊してしまうので、長期間ロキソニンを服用される方は、医師と相談する必要があります。

 

ロキソニンの市販薬であるロキソニンSは薬局で買えますが、ロキソニンと同様に長く飲み続けるお薬ではないので、長期に渡って服用されたい方は、整形外科か内科で相談されることをおすすめします。

 

 

関節痛の痛み止め市販薬一覧

 

関節痛の痛み止め市販薬1

ロキソニンS (痛み止め成分:ロキソプロフェン)

 

関節痛の痛み止め市販薬2

リングルアイビー (痛み止め成分:イブプロフェン)

 

関節痛の痛み止め市販薬3

バファリンA (痛み止め成分:アスピリン)

 

関節痛の痛み止め市販薬4

タイレノールA (痛み止め成分:アセトアミノフェン)

 

 

痛み止めが効いているうちにサプリメントで関節痛を治そう

 

先程も言いましたが病院のお薬や市販薬は、すぐに関節痛の痛みを止めることはできますが、関節痛を治す効果はありません。早いうちにうちに関節に優れた効果のあるサプリメントできちんと治していきませんか。

 

私が整形外科でおすすめされた関節痛専用のサプリメントは、野球選手のイチローが宣伝している佐藤製薬が開発した美健知箋(びけんちせん)のグルコサミンです。

 

骨を健康で丈夫にする軟骨成分が配合されており、副作用もなく、飲みやすくて、値段も安いです。私はもう何年も毎日飲み続けています。おかげさまで中指の関節痛や膝痛・腰痛もかなり良くなりました。どうぞご参考にされて下さい。

 

 

「美健知箋グルコサミン」 公式サイト