関節痛の改善

立ち仕事が原因の関節痛の対策方法

 

立ち仕事は関節痛になりやすい?

 

立ち仕事は関節痛になりやすいのでしょうか。スーパーやデパートの店員、ウェイトレスなどの接客業、警備員、講師、工場勤務など、立ち仕事は色々あります。

 

立ち仕事だと、足が疲れやすく、関節痛にもなりやすそうです。しかし立ち仕事だからといって必ず関節痛になってしまう訳ではありませんよね。

 

関節痛になってしまうのは、立ち仕事の仕方に原因があります。

 

立ち仕事で立っているとき、片方の足に重心を置いて立っていませんか?テーブルの間を縫うように無理に足をひねって歩いていませんか?

 

こうした立ち仕事の仕方は、膝や足首の関節痛の原因となります。足への負担を少なくするように心がけることで、立ち仕事が原因の関節痛を対策していきましょう。

 

 

立ち仕事の関節痛対策方法

 

立ち仕事の関節痛対策方法1
  • まっすぐ立つ

立ち仕事の最中に片方の足に重心をかけて立っていると、足への負担が大きくなります。関節痛を防ぐために、両足でしっかりと立つようにしましょう。

 

 

立ち仕事の関節痛対策方法2
  • まっすぐ歩く

障害物の合間を縫うように歩くと、足がねじれて膝や足首に負担がかかり、関節痛の原因となります。面倒でもしっかりと足を踏みしめ、膝を無理な角度にねじらないようにしましょう。

 

 

立ち仕事の関節痛対策方法3
  • 歩きやすい靴をはく

ヒールやかかとの高い靴で立ち仕事をしていると足が痛くなる原因となります。血流も悪くなって疲れを回復させるのも遅くなってしまいます。靴に指定がない場合は、クッション性のあるスニーカーなど足への負担が軽い靴を履くと良いでしょう。

 

 

立ち仕事の関節痛対策方法4
  • お風呂につかる

立ち仕事で疲れた足を、お風呂で温めてあげましょう。38〜40度のぬるめのお湯に入り、寝る1〜2時間前にお風呂から出るようにすると、快眠効果もあります。ぐっすり眠って立ち仕事の疲れを回復させましょう

 

 

立ち仕事の関節痛対策方法5
  • マッサージをする

立ち仕事をしていると、血流が悪くなりがちです。マッサージで血行を促進させると良いでしょう。特にふくらはぎをマッサージすると血流がよくなります。関節痛がある場合は、軽くさするようにして、痛みが強い場合は、痛みのある場所は避けてマッサージしましょう。

 

 

立ち仕事の関節痛対策方法5
  • 栄養をとる

立ち仕事で疲れた足を回復させるには、栄養をしっかりとることが大切です。特にグルコサミンには関節と関節の間のクッションの役割をしている軟骨を強化する働きがあるので、立ち仕事の関節痛に有効です。

 

 

まとめ

 

立ち仕事は、仕事の仕方によって関節痛になりやすくなります。立ち仕事中の立ち方や歩き方、立ち仕事後のアフターケアに気を配り、関節痛を対策していきましょう。

 

【3倍パワー!グルコサミン】
ユンケルの佐藤製薬から登場!