食事で関節痛を治す

食べ物で関節痛を治していきましょう

関節痛の原因

 

私たちは関節のおかげで手や足を自由に曲げることができます。関節の部分には骨と骨をつなぐために軟骨が入っています。

 

軟骨が入っている関節の部分にコンドロイチンとヒアルロン酸という成分が含まれていて、関節はなめらかに動かすことができます。コンドロイチンとヒアルロン酸はいわば潤滑油のような役割をしています。

 

しかしながら年をとるごとにコンドロイチンとヒアルロン酸は減っていきます。減ってしまうと関節の動きはぎこちなくなります。さらには、軟骨が潰れてしまったり、骨と骨がぶつかり合って磨り減ってしまいます。この症状を変形性関節症と呼んでいます。

 

関節は食べ物で強化して関節痛を治していけることが一番いいですね。それでは関節痛を緩和して治していく成分・食べ物をご紹介しましょう。

 

 

軟骨を自由に動かす成分と食べ物一覧

 

軟骨を自由に動かす成分
  • コンドロイチン

 

軟骨を自由に動かす食べ物1
  • 納豆

 

軟骨を自由に動かす食べ物2
  • オクラ

 

軟骨を自由に動かす食べ物3
  • 山芋

 

軟骨を自由に動かす食べ物4
  • うなぎ

 

軟骨を自由に動かす食べ物5
  • フカヒレ

 

※食品ではコンドロイチンは少量しか体内に取り込まれません。関節痛を治すにはサプリメントが必要です。

 

 

保水性を保つ成分と食べ物一覧

 

保水性を保つ成分
  • ヒアルロン酸

 

保水性を保つ食べ物1
  • 鶏の軟骨

 

保水性を保つ食べ物2
  • 鶏手羽

 

保水性を保つ食べ物3
  • 豚足

 

保水性を保つ食べ物4

 

保水性を保つ食べ物5
  • カレイ

 

保水性を保つ食べ物6
  • 魚の目

 

保水性を保つ食べ物7
  • 納豆

 

保水性を保つ食べ物8
  • オクラ

 

保水性を保つ食べ物9
  • 山芋

 

保水性を保つ食べ物10
  • うなぎ

 

保水性を保つ食べ物11
  • フカヒレ

 

※食品ではヒアルロン酸は分子が大きくて体内に吸収されません。関節痛を治すにはサプリメントが必要です。

 

 

食事からの栄養をエネルギーに変えて、筋肉疲労を緩和する成分と食べ物一覧

 

筋肉疲労を緩和する成分
  • ビタミンB1

 

筋肉疲労を緩和する食べ物1
  • うなぎ

 

筋肉疲労を緩和する食べ物2
  • 豆類

 

筋肉疲労を緩和する食べ物3
  • 玄米

 

 

神経や筋肉を強化する成分と食べ物一覧

 

神経や筋肉を強化する成分
  • ビタミンB6

 

神経や筋肉を強化する食べ物1
  • 牛レバー

 

神経や筋肉を強化する食べ物2
  • かつお

 

神経や筋肉を強化する食べ物3
  • バナナ

 

 

末梢神経の傷を修復する成分と食べ物一覧

 

末梢神経の傷を修復する成分
  • ビタミン12

 

末梢神経の傷を修復する食べ物1
  • あさり

 

末梢神経の傷を修復する食べ物2
  • しじみ

 

末梢神経の傷を修復する食べ物3
  • イクラ

 

 

血行を良くする・細胞の老化を防ぐ成分と食べ物一覧

 

血行を良くする・細胞の老化を防ぐ成分
  • ビタミンE

 

血行を良くする・細胞の老化を防ぐ食べ物
  • 食品では取れません。

 

 

まとめ

 

毎日お風呂に入ることで慢性の関節痛を鎮めていきます。体の内部からしっかり温まりましょう。ビタミンB1・ビタミンB6・ビタミンB12・ビタミンEは毎日食べます。

 

ビタミン類は関節痛だけでなく腰痛や肩こり、膝などの神経痛にも効果があります。末梢神経が修復されますと、しびれも治ってきますので、毎日の食生活を改善してください。

 

関節痛に効果のあるビタミンEは食品では取れません。ビタミンEは血流の流れをよくするので関節痛だけでなく肩こりや腰痛、手足のしびれを改善します。

 

もしビタミンEが不足すると老化を早めてしまいますので、関節痛がひどなったり、生理不順・動脈硬化・脳卒中になりやすくなります。

 

食品では取り込みにくいグルコサミン・コンドロイチンなどはサプリメントで取る方法があります。

 

【3倍パワー!グルコサミン】
ユンケルの佐藤製薬から登場!