関節痛の改善

指の関節痛を防ぐパソコンの使い方

 

パソコンが原因で指の関節痛になる?

 

パソコンの長時間使用が原因で指の関節痛になることがあります。マウスの大きさが手に合っていないとそれだけで指に負担がかかって関節痛になりやすくなります。

 

また、パソコンデスクの高さも重要です。肘が90度よりも曲がっていると手首が不自然に曲がり、指にも負担がかかりやすくなります。

 

かといってパソコンの位置が低過ぎても、指に負担がかかります。ちょうど良い高さの位置にパソコンがくるように調節しましょう。

 

また、パソコンの高さがちょうど良くても、長時間パソコンを使用していると、やはり指の関節痛が起こりやすくなります。

 

休憩をはさみ、マッサージやストレッチをして血流を良くしましょう。

 

指の関節痛は関節がやわらかい女性に多い症状です。軟骨修復作用や骨を強くする効果のあるグルコサミンやコンドロイチンをとると良いでしょう。

 

 

指の関節痛を防ぐパソコンの使い方9つ

 

指の関節痛を防ぐパソコンの使い方1
  • 手の大きさに合うマウスを使う

 

指の関節痛を防ぐパソコンの使い方2
  • デスクと椅子の高さを合わせる

 

指の関節痛を防ぐパソコンの使い方3
  • 手を休める時間を作る

 

指の関節痛を防ぐパソコンの使い方4
  • 合間に立ち上がってストレッチをする

 

指の関節痛を防ぐパソコンの使い方5
  • 手をマッサージする

 

指の関節痛を防ぐパソコンの使い方6
  • お風呂につかる

 

指の関節痛を防ぐパソコンの使い方7
  • 湿布をする

 

指の関節痛を防ぐパソコンの使い方8
  • サポーターをつける

 

指の関節痛を防ぐパソコンの使い方9
  • グルコサミンをとる

 

 

まとめ

 

パソコンの長時間使用は指の関節痛になるリスクを高めます。マウスは自分に合うものを選び、キーボードの高さも合うように調節して指の関節痛のリスクを少しでも減らしていきましょう。

 

また、骨密度を高め軟骨の修復作用のあるグルコサミンをとって関節を強くしておくと良いでしょう。

 

【3倍パワー!グルコサミン】
ユンケルの佐藤製薬から登場!