関節痛にはコラーゲンが効く理由!

関節痛にはなぜコラーゲンが効くの?

関節痛にはコラーゲンが効く

 

関節痛とコラーゲン コラーゲンとは

 

皮膚や関節をつくるための重要なたんぱく質のひとつです。主にコラーゲンは骨や肝臓に含まれていますが、加齢とともに失われていきます。このため、皮膚や血管の老化が進みます。コラーゲン入りのサプリメントを飲むことで、外部からコラーゲンを補い老化現象を阻止します。

 

 

関節痛とコラーゲン コラーゲンは皮膚や骨に必要不可欠

 

新陳代謝に一番大事な栄養素はたんぱく質です。このたんぱく質による新陳代謝が衰えると、老化が進みます。新陳代謝が活発な状態をキープできれば細胞は若いままでいられます。それができるのがコラーゲンです。
つまり毎日コラーゲンを接摂していれば、老化による皮膚や骨にかかわる症状を改善してくれます。シミやシワのないみずみずしいお肌で若々しくいられるのはコラーゲンのおかげです。

 

 

関節痛とコラーゲン コラーゲンを飲めば関節痛は治るの?

 

そもそも関節痛とは、関節軟骨の摩擦が原因で起こります。歳をとるにつれて、膝や指や肩などの関節痛が出てきます。骨の約8割くらいはコラーゲンでできています。新陳代謝が衰えてくるとコラーゲンが十分に補充できなくなり、軟骨がすり減り、徐々に軟骨がなくなって骨と骨が直接すれて関節痛になります。だからコラーゲンを摂取すればいいのです。

 

 

関節痛とコラーゲン 食品でコラーゲンはとれないの?

 

コラーゲンが含まれる食品は、うなぎ、鮭、アンコウ、ふかひれ、サザエ、手羽先、鶏の皮、牛テール、牛筋、豚足があります。

 

 

関節痛とコラーゲン 1日にどれくらいコラーゲンは必要なの?

 

成人1日に必要なコラーゲンは、5000mgです。一日にたくさんとるよりは、少しずつでも毎日欠かさず摂取していった方が効果があります。食品で摂りづらい場合には、サプリメントでとることをお勧めします。

 

「美健知箋グルコサミン」 公式サイト