肩の関節痛(変形性関節症)の症状一覧

肩の関節が痛くなる様々な症状!

 

指の関節痛 肩の関節痛(変形性関節症)の症状一覧

 

肩関節痛の症状

四十肩・五十肩 中年期以降に肩関節の痛みと肩の動きに障害が生じてくる病気です。加齢の影響によって肩関節包が縮んでくる事が原因と言われています。突然肩が上がらなくなったり、背中に手が届かなくなったりします。

 

始めは肩の強い痛みが特徴で、特に夜間就眠時の痛みが強く、睡眠が障害されることもあります。 1-2ヵ月すると、痛みは軽くなりますが、肩の動きが次第に悪くなります。

腱板断裂

五十肩に似て、肩関節に痛みと可動域制限があらわれ、中年期以降に発症します。腱板断裂は、肩関節を支えている「腱板」という腱が断裂することが原因で痛みや動きの制限が生じます。腱板は、外傷がきっかけで断裂することもあれば、誘因のない場合もあります。このため、患者さんは、五十肩と勘違いし、病院を受診するのが遅れる傾向にあります。

肩関節不安定症 大きな力が加わって肩関節が脱臼した後に、その後、脱臼を繰り返しやすくなる状態です。
インピンジメント症候群 スポーツや仕事での手や腕、肩の使いすぎや打撲などで、腱板機能が低下することによって発症します。

挙上角度の 70-120°あたりで肩の痛みがおきるのが特徴で、ペインフルアーク(有痛孤)と言われています。患者さんは手を伸ばそうとすると痛みがおきたり、反対側の肩に手を持っていこうとすると痛みがおきたりします。

 

「ちょっと前方や後方に動かしたときに痛みが走る。」とか、「腕の角度によって、肩の外側―腕にかけて痛む。」といった症状が聞かれます。こうした症状を感じた場合には受診をお勧めします。

肩のスポーツ障害 スポーツによって生じる肩の障害には、多くの疾患が含まれます。代表的なものに、関節唇損傷、腱板不全断裂、インピンジメント症候群、ベネット症候群、末梢神経麻痺などがあります。

 

関節痛を引き起こす要因として、生活環境や精神的なストレスなどもあります。数ヵ月 たっても痛みや動きの制限が治らない場合があります。肩関節の痛みとともに動きの制限がある場合には早めの受診をお勧めします。

 

指の関節痛 関節痛(変形性関節症)になってしまったらどのように対処すればよいのでしょうか。

 

自分で様子を見ることができる症状

関節痛が一時的な場合 一時的な関節の痛みで、時間や日数が経つごとに痛みが緩和される。関節痛は激しい痛みではない。動き初めに関節の痛みを感じる程度で痛みに持続性は無い場合。関節の周りの腱や筋が張って痛みが起こっていると考えらっれる場合は、温めたり、マッサージをしたり、湿布を貼ったりすると和らぐことがあります。さらにグルコサミン・ヒアルロン酸配合のサプリメントを摂りましょう。今までのグルコサミンの2.5倍の効果のある快気節(かいきせつ)サプリメントをお勧めします。

 

 

なかなかお医者さんに行けない方、関節痛がつらくてお困りの方は、新軟骨成分のサプリメントを一度お試しください。早く痛みから解放されて楽しい生活を取り戻しましょう。

 

 

関節痛にすぐ効く快気節サプリメント

指関節痛指の関節痛