変形性膝関節症

変形性膝関節症の正しい3つの治療法

 

変形性膝関節症はなぜ起こるのか

 

ひざの骨と骨の間には、クッションの役割をする軟骨成分でできている関節軟骨が置かれています。なんと厚さは4ミリしかありません。年をとると膝が痛くなるのは、この軟骨成分でできている関節軟骨がすり減ってしまい、直接骨と骨がぶつかり合うからです。

 

このようにひざの骨と骨が触りあって痛みが伴う病気を変形性膝関節症と呼んでいます。

 

普段は体重が膝にかかるため、軟骨が年々すり減ってしまうのは仕方のないことです。一般的には50代から60代に変形性膝関節症は発症します。

 

若いうちから過度な運動をされていた方は、早い時期に関節軟骨が磨り減ってしまうため、20代でも変形性膝関節症になることがあります。痛みが激しくなるとひざに水が溜まることがあります。その場合には水抜きの注射で対処します。

 

クッションの役割をする軟骨を作ってあげることができれば、膝は楽に動かせるようになり変形性膝関節症は完治すると言われています。

 

関節痛に効く薬はこちら

 

 

変形性膝関節症を治す3つの治療方法

 

自分でできる変形性膝関節症の正しい治療の仕方

 

1.血行を良くして痛みを和らげる
毎日お風呂に浸かります。温泉も痛みを和らげる効果が期待できます。

 

2.無理をしない程度に適度なストレッチで膝や腰などを鍛えていきます。

 

3.新軟骨成分のグルコサミンで関節軟骨を再生させます。
市販のグルコサミンは成分が少ないのであまり期待ができません。整形外科がすすめる美健知箋のグルコサミンは、サプリメントです。通常の倍以上の効き目のある新軟骨成分で素早く軟骨を作り、クッションの役目をしている機能を回復させます。

 

これらの3つの方法を取り入れることで、変形性膝関節症を早く治すことができます。痛みが強くてストレッチができない方でもクッションの代わりとなる軟骨を作る優れたグルコサミンを飲むことが有効です。変形性膝関節症を悪化させないうちにできることから始めましょう。

 

「美健知箋グルコサミン」 公式サイト