変形性膝関節症

膝関節痛や股関節痛の人工関節置換え手術

 

膝の関節痛や股関節痛を治療する手段として、人工膝関節置き換え手術、人工股関節置き換え手術という方法があります。これは、膝関節や股関節の痛みがひどい方のための人工関節置換え手術です。

 

 

膝関節や股関節に無理な負荷がかかることで、関節と関節をつなぐ軟骨が変形することで起こる「変形性関節症」の方が対象です。軟骨が変形することで骨と骨がぶつかるようになり、激しい痛みが生じるのです。軟骨を人工の骨に置き換えることで、関節の痛みが激減し、なめらかに関節を動かせるようになります。

 

 

一方、問題点もあります。人工膝関節置換え手術、および人工股関節置換え手術では、素材として金属やポリエチレンを使用します。こうした軟骨と置き換える人工の関節に使用される「素材」が体質と合わない場合、別の病気を引き起こす可能性があるのです。

 

 

膝関節や股関節の手術を受ける際は、信頼できる医師としっかり相談をして決める必要があります。

 

 

また、人工膝関節や人工股関節への置換え手術を行った後でも、筋肉を鍛えていく必要があります。

 

関節痛に効く薬はこちらです

 

 

膝関節痛や股関節痛により今まであまり動かさないようにしていた場合、リハビリをしなければならないこともあります。人工膝関節や人工股関節への置換え手術後も気を抜かず、適度な運動、バランスの良い食事、十分な睡眠を心がけましょう。

 

 

手術は、膝関節痛や股関節痛の症状が軽いうちであれば骨を少し削って置き換えるだけですみます。しかし進行して重度な関節痛になると様々な部品が必要となり大掛かりな手術となってしまいます。

 

 

膝関節痛や股関節痛に限らずどんな病気にも言えることですが、後になればなるほど、治すのが大変になっていきます。関節痛がはじまったら、早いうちから対応していくことが肝心なのです。

 

「美健知箋グルコサミン」 公式サイト