変形性膝関節症

 

膝の関節痛を治してくれるサプリメントのお話

 

私の母は80代後半です。母は早くに両親を亡くしたため、子供の頃から畑仕事で生計を立て、7人の兄弟の面倒を見てきました。長年動き回ってきたので、体はとても健康で頼りがいがあります。とくに足は私よりも丈夫です。

 

私は1時間歩くと膝が痛くなってきて座りたくなるのに、母は何時間歩いても疲れません。足腰が丈夫な人は長生きをするという研究データーが出ましたとテレビで知って納得しました。この調子でいくと120歳まで生きられるね、といつも話しています。

 

 

ところがです。本当に人生って想定外のことが起こるものですね。2年前母が交通事故に会ってしまったのです。後ろから車に衝突されてしまい動けなくなってしまいました。あれほど健康で走り回っていたのに、半年間寝たきりの生活が続いてしまいました。

 

その後はリハビリをしていますが、思うように歩けずよたよたしています。最近では少し上手に歩けるようになってきたものの、あんなに丈夫だった足が杖をつかないと歩けないのです。思うように足が動かせないと嘆いています。しかも歩くと膝が痛いそうです。

 

 

どんなに膝が丈夫でも何かのきっかけで痛めてしまうことがあります。交通事故だけでなく、転んでしまったり、食生活が影響したりして膝の関節痛が起こるかもしれません。私は母のようになりたくありません。今後絶対に膝の関節痛にならない方法と対策はないものかと、何人かの整形外科医にお話をうかがってきました。これまでにわかったことをまとめてみました。

 

関節痛に効く薬はこちら

 

 

【膝の関節痛(正式な病名は変形性膝関節症)についてのまとめ】

 

  • 毎日適度な距離を歩いて膝を使っていることが大切
  •  

  • 膝の曲げ伸ばし程度の軽い運動をして毎日膝を動かすことが大事
  •  

  • 重い荷物は持たない。買い物はこまめに少しずつ買うようにすると、運動にもなって一石二鳥。。
  •  

  • 転ぶと寝たきりになり膝の関節痛になりやすいので、転ばないように日常生活において十分に気をつけて行動すること
  •  

  • 中年になると骨がスカスカになってくるので、グルコサミンなどで骨を再生させて健康な骨を維持し続けることがポイント

 

 

どれも簡単なことですが、毎日やらなくてはならないと考えると面倒になります。でも癖にしてしまえばいいのです。膝が元気なら長生きできるのですから、まずはすぐに始められるグルコサミンサプリメントを飲むことと、朝昼晩とトイレに行ったあとに膝の曲げ伸ばしをする癖をつけることにしました。

 

 

母はレントゲンの検査で、膝の骨と骨の間にある軟骨がすり減っていることがわかりました。80歳でも90歳でもグルコサミンで軟骨を再生させて膝の関節痛を治すことが出来るそうです。

 

 

確かにお医者さんの言う通り母がグルコサミンのサプリメントを1ヶ月飲んだら、歩き方がしっかりしてきました。再びレントゲンを撮ったら軟骨が形成されて治ってきていることが明確に分かりました。年寄りでもグルコサミンサプリメントを飲めば骨は作られ丈夫な膝になることを聞いて希望が持てました。私は若い頃から足が疲れやすく膝も痛むので母と一緒にグルコサミンのサプリメントを飲むことにしました。

 

 

仕事で忙しい私はなかなかお医者さんに行けないので、安全で即効性のある市販薬のサプリメントを紹介してもらいました。テレビで宣伝しているグルコサミンはまるっきりウソではないけれどいかにもすごく効果がありそうだという宣伝方法をしているので鵜呑みにしてはいけないと言われました。本当にグルコサミンの成分が入っているものでなけでは効果は期待できないとも言われました。

 

 

どのサプリメントが本当に効果があるのかわからない方、膝の関節痛でお困りの方は下記のグルコサミンを試してみるといい思います。グルコサミン以外にも膝の関節痛を素早く治すための軟骨を形成するのに良いとされる成分がたくさん入っています。

 

 

美健知箋のグルコサミンサプリメントは宣伝にお金をかけずに実績だけで販売しているので感心しています。お陰さまで私は3時間は歩いても疲れなくなりました。グルコサミンのサプリメントは何歳から飲んでも骨は作られて元気な膝になることを知ることができたので、母とお医者さんに感謝しています。私も母も120歳まで生きたいので関節痛を治すだけでなく関節痛を予防してくれるこのサプリメントで長生きしたいと思います。

 

「美健知箋グルコサミン」 公式サイト