関節痛の人におすすめの仕事

指の関節痛でもできる内職。認知症予防にもなるお仕事のご紹介。

【質問】 指の関節痛で苦しむ76歳です。認知症にもなりかけています。改善策はありますか。

 

かなり前から親指と中指の関節痛になり、痛みを我慢をしていたら初期の関節リウマチかもと診断されました。家では休養するしかなく何もできません。家族に邪魔にされ窮屈な思いをしています。

 

ストレスが溜まる一方で認知症も進行しているそうです。このままでは家族には迷惑かけてしまいます。指の関節痛とか関節リウマチを治す方法や認知症の進行を止める方法など何か私にできることはありませんでしょうか。

 

関節痛に効く薬はこちらです

 

 

【回答】 指の関節痛でも認知症でもできることはあります。

 

指の関節痛でも認知症でも今日からできることをお話しましょう。

 

そもそも指の関節痛は指の使いすぎや無理な指の動かし方をしたから痛みが生じているのです。指の関節痛の痛みを和らげるために、こまめにお湯につけて痛みのある関節を温めてください。血流を良くしてあげます。お風呂も毎晩入って痛みのある関節をしかっりと温めます。寝る前には湿布を貼ると効果的です。ただし関節が腫れていたり熱を持っている場合には医師に相談してください。

 

関節に良い食事も取り入れます。鮭・鯖やさんまなどの缶詰を毎日1缶食べます。カルシウムやグルコサミンなど骨に良いとされる栄養分が不足していると関節痛になりやすいので必ず毎日食べると関節が丈夫になっていくと同時に動きもスムーズになると思われます。

 

指の関節痛って痛くてなかなか動かせませんよね。しかしゆっくりと痛くない程度に動かすことや、痛みのない手首や痛みのない指を動かすことは必要です。本来は指の関節痛を早く治すには、指を使わないことなのです。しかし質問者さんは、認知症が心配であるということなので、認知症を進行させないために手を全く動かさないよりは多少は動かすことが重要になります。

 

ゆっくり手のひらをパーにしたり、グーにします。左右交互にやってみましょう。つぎに、右手はパーにしたとき、左手はグーにするのです。ちょっと頭を使いますよね。これが脳に刺激され認知症を遅らせます。とくに利き手でない方の手や指を使うと脳の働きが良くなり認知症になりにくいそうですよ。

 

まだ76歳です。パソコンが苦手な人でもマウスでポチッと押すだけでポイントが貯まっていく簡単な内職もあるので、挑戦してみるのもいいかと思います。脳の活性化にも繋がります。

 

ゲーム感覚で遊んで溜まったポイントが現金化できるので楽しいです。一度お試ししてみるとストレスも吹き飛んで認知症も治って元気になるかもしれませんよ。簡単に登録ができるので、ご家族みんなでお小遣いをゲットしちゃうのもありですね。これをきっかけに会話が弾んで仲良くなれるかもしれません。

 

関節痛でもできるプチ内職