関節痛

栄養不足が原因でなる関節痛の対策方法

【質問】 指や肘の関節痛は、栄養不足が原因ですか?

 

3年くらい前から収入が減ってしまったことで食生活が貧しくなり、それが今でも続いています。風邪を引きやすくなったり指や肘の関節が痛くなります。指や肘の関節痛は、栄養不足が原因だと思っています。アドバイスをお願いします。

 

 

 

【回答】 栄養不足も指や肘の関節痛の一因になります。

 

栄養不足になると指や肘の関節痛になることがあります。私たちの体は野菜や肉類・魚介類・卵などのタンパク質や果物に含まれるビタミン類など、健康的に維持していくためにこれらの栄養素が必要です。1日に30品目以上食べることが望ましい言われています。相談者さんが自覚している通り明らかに栄養不足が原因で指や肘の関節に痛みが生じてしまってるものと思われます。

 

 

栄養不足は指や肘の関節痛を益々悪化させてしまいます。悪化するとさらに長期にわたって治療費がかかりますので、少ない収入でも食品が安くなる時間帯を狙ってスーパーで買い物をするとか、安くて栄養価が高い食品を買うように心がけましょう。

 

 

食べ物で気をつけることは、揚げ物を食べ過ぎないようにすることです。栄養不足の方は痩せているイメージがありますが、実はポッチャリしている方が多いのです。その背景には体にはあまり良くないものを食べている可能性があるのです。

 

 

たとえば唐揚げや天ぷら・お菓子のポテトチップスが好物だったりします。食べる量が少なくても油物をとるとそれを消化させるだけの野菜や良質のタンパク質などが不足しているために、無駄にぜい肉がついてしまいます。菓子パンや甘い飲み物も体内に脂肪を蓄積させてしいます。栄養不足でも体重は増えていきます。しかも乳製品などのカルシウムやビタミン類等の栄養が不足していますので骨がもろくなり、近い将来において骨粗しょう症になる可能性があります。

 

 

体に優しくて栄養価の高い玉子・鶏肉・鯖やマグロなどのお魚・海藻類・納豆などの大豆類を毎日食べることで、栄養不足ではなくなり徐々に指や肘の関節痛は緩和していきます。お菓子類などの嗜好品を食べ過ぎていないか、スーパーでいかに栄養価の高い食品を安く買うか等、この機会に見直してみてください。お酒類も指や肘の関節痛の原因になりますので、もし飲んでいるようでしたら少しずつ減らしてください。痛みが和らぎます。

 

 

指や肘の関節痛に関してはサプリメントでも解決できます。優秀な専門家によって開発された優れたサプリメントで栄養不足を解消し早くに治してしまう方法もご検討ください。

 

 

「美健知箋グルコサミン」 公式サイト