関節痛

筋トレによる関節痛を防ぐには

【質問】 筋トレをしても関節痛にならない方法はありませんか?

 

筋力トレーニング始めましたが、関節痛になってしまうため続けられません。あまりに筋肉がなくて困っています。筋トレをしても関節痛にならない方法を教えてください。

 

 

 

【回答】 無理な筋トレは関節を痛めます。まずは以下のことを試してみてください。

 

運動をしたことがない人が筋トレを始めると急に関節に負担がかかるため、膝や肘や指、手首・足首などの関節が痛くなります。最初は無理をしないで少しずつ筋トレを進めていって徐々に体や筋肉をならしていければいいのですが、無理をしない程度ということが素人にはわからないのです。少ししか筋トレをしていないと思っていても筋肉や関節は悲鳴を上げているのです。

 

 

筋トレで関節痛になれば、痛みが治まるまでは筋トレをお休みするようです。また再度始めてもすぐに関節痛になってしまい、またしばらく筋トレをお休みしますよね。このような悪循環は、始まってしまいますとなかなか抜け出せません。このような悪循環で困っている方に良い方法があります。食事の面を見直すことでだんだんに関節痛は起こらなくなります。

 

 

関節に負担がかかって痛みを生じる膝や指、手首、肘などの関節痛を緩和させるには、食事から取る栄養素が欠かせません。関節痛でお馴染みのグルコサミンやコンドロイチン、ヒアルロン酸やビタミン類などのことです。骨やじん帯を作るにはグルコサミンが必要です。グルコサミンはカニやエビなどの殻の成分を使用して作られるもので、食品からではなかなか取ることのできないほど大量の分量が必要になります。だからこそサプリメントが売れているのです。

 

 

ただ市販の関節痛サプリメントには、関節痛を緩和させたり骨を再生させたりするのに必要な量が入っていないのが現状です。日本で販売されている半数以上のサプリメントには、関節痛に効果のある成分が規定の量をクリアしていないのだそうです。ニュースで取り上げられ話題になっています。買う時は騙されないように成分はきちんとチェックしましょう。

 

 

運動をあまりしたことがない方は、筋トレは毎日10分くらいから始めてみましょう。関節痛にならないために関節の専門チームが作った関節痛のためのサプリメントを飲みながら、骨を丈夫にしつつ筋トレを続けていくことをおすすめします。ゆっくり楽しく健康になることが大切ですね。

 

 

「美健知箋グルコサミン」 公式サイト