関節痛Q&A

手の指の関節炎を治す方法

 

【質問】 手の指の関節炎が治りません。

 

右手の親指と中指の第一関節に痛みがあります。パソコンのマウスを動かすと激痛が走ります。スマホやパソコンの使いすぎでしょうか?

 

 

【回答】 関節の痛みに優れた効果のあるグルコサミンで治します。

 

手の指の第一関節と第二関節が痛くなる病気のほとんどは、指の使いすぎが原因です。早い人では30代から関節痛が始まります。通常は50代になると指の関節にある軟骨がすり減って関節に痛みが生じます。10代のころからスポーツをされている方も関節痛になりやすいです。

 

関節痛にはグルコサミンが必要だとテレビCMで見かけますよね。グルコサミンの分量を意識せずに食生活を送った場合には、まず足りていません。グルコサミンは牛肉、豚肉、鳥の軟骨、うなぎなどに含まれていますが食事ではなかなか摂取できないのが現状です。

 

関節を強化するグルコサミンやコンドロイチンは、指の関節をはじめ、足腰や背中などの関節を正常な働きにサポートしてくれます。なかなか病院に行けない方にはグルコサミンやコンドロイチン配合のサプリメントを服用することをおすすめします。

 

美健知箋(びけんちせん)という名前のサプリメントは、市販グルコサミンの3倍の効果があり、私がお世話になった整形外科でもおすすめしている優秀なグルコサミンのサプリメントです。ユンケルでお馴染みの佐藤製薬が開発した商品ですので安心して服用できます。価格もお手頃ですので試してみてはいかがでしょうか。

 

指の関節痛は長引きますので、痛みがあるようでしたら、マウスのクリックは痛みのない指を使うなどして、できる限り使わないようにしてください。どうぞお大事に。

 

 

「美健知箋グルコサミン」 公式サイト