関節痛Q&A

季節の変わり目の関節痛の対処法方

 

【質問】 季節の変わり目の時期になると関節痛が起こります。

 

3月に入ると必ず膝の関節痛に悩まされます。雨の日は指や背中の関節も痛くなります。季節の変わり目の時期の関節痛の対処方法を教えてください。

 

 

 

【回答】 季節の変わり目の関節痛の対処法方を説明します。

 

気圧の関係で関節が痛くなりやすい時期が季節の変わり目です。とくに3月と10月は季節の変わり目と言われる時期で関節痛のある方は要注意です。季節の変わり目とは昼間は温かく夜は冷え込むため一日の気温の差が大きいの時期のことであり、寒い冬から温かい春にさしかかろうとする3月やその逆の10月のことを指します。季節の変わり目は非常に関節痛になりやすので関節痛対策が必要です。

 

膝や指・背中の関節痛の対処法方を知って実践していき痛みを和らげ季節の変わり目の時期を乗り越えましょう。

 

膝や指・背中の関節痛に効果がでる自宅で簡単にできる方法は、痛みのある場所を蒸しタオルで温めることです。

 

膝の関節痛が辛い方は膝を蒸しタオルで温めます。膝や指・背中の関節痛など全身に痛みがある方は湯船にゆっくりとつかれると効果的です。温泉に通える方は週に一度のペースで行かれると早く治るでしょう。

 

温泉や自宅のお風呂に入ることが難しい方は、痛みが緩和できる蒸しタオルで関節痛が生じている患部を温めて血液の循環をよくしてあげましょう。季節の変わり目に関係なく関節痛には効果があります。

 

膝や指・背中の関節痛のある部分を蒸しタオルで5分から10分くらい温めたら、手のひらでのの字を書くようにマッサージします。膝が痛いのであれば膝の表と膝の裏ものの字にマッサージします。膝の表と膝の裏を各1分ずつ交互に5セットマッサージをして血流を良くしてあげます。

 

冷湿布をお持ちであるなら痛みのある膝の部分に貼りましょう。温湿布は皮膚がの弱い方が使うとかゆみや湿疹が出てしまい返って皮膚を痛めます。冷湿布か温湿布か悩むのなら冷湿布が無難です。

 

座り方にも注意が必要です。正座をすると膝の関節痛が悪化します。膝に負担がかからないように両足は曲げずに伸ばして座ります。または椅子に腰掛けてください。さらに姿勢をよくすることで背中の関節痛も痛みが軽減されると思います。

 

それでも膝の関節痛や指・背中の関節痛が苦しいのであれば、野球選手のイチローが宣伝している佐藤製薬の美健知箋というグルコサミンをおすすめします。現在出回っているグルコサミンの中では秀逸の効果があると言われ話題になっています。季節の変わり目に起こる関節痛を乗り越え早く痛みから解放されましょう。

 

 

「美健知箋グルコサミン」 公式サイト