関節痛に効くツボ

足の疲れを取るのツボで関節痛を治す

ツボを押して関節痛をなくしましょう

 

人間の体には病気を治すツボが全身にたくさんあります。そのツボを押して刺激をすることで痛みが和らいだり病気を治すことができると言われています。長年関節痛で悩んでいる方は痛みを取ると言われているツボを押して効果を実感してみましょう。

 

何年間も辛い関節痛と戦ってきた私は、関節痛に効果があると感じたツボを押すことで、関節の痛みが楽になり最終的には痛みがなくなりました。今では関節痛の予防のためにツボを押しています。

 

現在、関節痛でつらい思いをされている方は、私と一緒にツボを押してどんどん健康になりましょう。

 

 

 

足の膝の付近にある足の疲労を取るツボ

 

足全体の疲れを取るツボ、陽陵泉(ようりょうせん)という名前のツボをご紹介します。膝の関節痛・足首の関節痛・股関節痛にも優れた効果がありますのですぐにツボ押しをしましょう。

 

陽陵泉(ようりょうせん)のツボを押すと、足の疲労を治すだけでなく、胃腸の調子が良くなるので、胃弱体質の方は毎日陽陵泉(ようりょうせん)のツボ押しをおすすめします。ほかにも神経が衰弱してしまった方にもとても効果がありますので、仕事の合間に押すことを心がけましょう。

 

 

 

陽陵泉(ようりょうせん)のツボの場所

 

陽陵泉(ようりょうせん)のツボの場所、足の膝の外側の出っ張った部分の下にあります。指4〜5本下のくぼんでいる場所が陽陵泉(ようりょうせん)のツボです。左右両方の親指を重ねて押しましょう。膝を立てて少し膝を内側に倒してあげるとツボを見つけやすく、押すやすいです。

 

陽陵泉(ようりょうせん)のツボの押し方は、ギューっと5〜6秒間押し続けます。両親指で押しながらゆっくり力を入れていきます。長く押し続けると逆効果です。5〜6秒間ツボを押したらゆっくり両親指を離します。5秒間ほど休みます。これを5セット繰り返します。左右の足の陽陵泉(ようりょうせん)のツボを押します。

 

血流がよくなり胃腸の働きが正常になります。目の疲れが取れたり精神状態も安定すると言われています。それに伴い関節痛の痛みが緩和されるのです。

 

とくに股関節痛や膝関節痛でお困りの方は、朝昼晩に関係なくいつでも陽陵泉(ようりょうせん)のツボを押して痛みをラクにさせてあげましょう。こむら返りにも効き目があり、私は毎日休憩時間に陽陵泉(ようりょうせん)のツボを押しています。

 

ただし押し過ぎや強く押しすぎると筋肉を痛めてしまいます。陽陵泉(ようりょうせん)のツボのツボ押しは一回に5セットを一日数回くらい押すのがいいでしょう。強さは痛気持ちいいくらいの強さで押して刺激をしてあげると効果が出やすいです。

 

 

 

動けないくらい関節痛が辛い方へ

 

陽陵泉(ようりょうせん)のツボ押しと併用して関節痛を早く治すお手伝いをするサプリメントをご紹介します。都内の整形外科で紹介された美健知箋(びけんちせん)は、指や膝・股・足首などの関節痛に関係なく、すべての箇所の関節痛に効果を発揮する優れたサプリメントです。

 

テレビコマーシャルで宣伝しているグルコサミンの3倍の効果が期待できます。

 

プロ野球で活躍しているのイチロー選手は佐藤製薬のユンケルのCMに出演しています。その佐藤製薬が関節痛に効くサプリメントを新開発しました。成分は食品なので副作用はありません。お年寄りの方でも安心して飲めます。飲みやすいだけでなく、値段もとっても安いのが特徴です。

 

グルコサミンだけでなく関節を丈夫にして健康にしてくれる栄養素がたくさん入っているサプリメントですので、1か月分入っている1ビンだけでも美健知箋を飲んでみることをおすすめします。

 

飲み終わる頃には痛みも改善されていると思います。陽陵泉(ようりょうせん)のツボを押すこととサプリメントを飲むことで、一日も早く関節痛が治りますように。

 

「美健知箋グルコサミン」 公式サイト