関節痛の予防

歩き方で変形性膝関節症・関節痛が予防できる

あなたはどんな歩き方をしていますか?

 

正しい歩き方をしていないと体の歪みが原因で変形性膝関節症(膝の関節痛)になります。

 

 

歩き方を見直して変形性膝関節症(膝の関節痛)を改善していきましょう。膝関節痛予防にもなりますのでご一緒にどうぞ。

 

 

変形性膝関節症(膝の関節痛)になりやすい人はこんな歩き方をしているという膝関節痛に関するテレビの特番を見ましたので、ご紹介したいと思います。

 

 

まず初めに自分はどのような歩き方をしているのかチェックしてみました。変形性膝関節症(膝の関節痛)の私は普段まったく歩き方を意識していなかったので、とても良い機会になりました。

 

 

床の上を歩いてみると、ペタペタと歩き方がぎこちなく変に感じました。

 

 

足の土踏まずあたりの内側には力が入らずに、外側の側面の方に力を入れて歩いていることに気がつきました。なんだか不安定な歩き方をしています。

 

 

いつも正しい歩き方をしていれば、体の歪みが抑えられ、正しい位置に骨や筋肉がつくため、健康状態を保つことができるのだそうです。

 

 

歩き方で変形性膝関節症(膝の関節痛)の改善や予防だけでなく、女性の方に多くみられる生理痛も軽くなるらしいのです。生理時の激しい痛みやイライラなど精神面での悩みも完全されるようですので、今すぐに歩き方をチェックしてみてください。

 

 

すでに背中や膝や肘、手首や指などに関節痛がある方も、体の歪みをなくし他の部分の関節痛の予防のために一緒に正しい歩き方を練習しましょう。

 

 

 

正しい歩き方で変形性膝関節症(膝の関節痛)を予防しよう!

 

まずはいつも通りに歩いて見てください。猫背になっていませんか?頭部は肩の真上の位置にきていますか?

 

 

顔が前に出ていると頭の重さの数倍もの力が肩や背中にのしかかって負荷がかかります。

 

 

さらには重心がずれてしまうため、体のあちこちがずれて体は歪んでしまいます。頭部は肩の真上に乗せるんだという意識を忘れずに歩きましょう。

 

 

つぎに足は踵(かかと)から地面につけます。踵をつけたらつま先まで足の底の全体をしっかりと地面につけるのです。

 

 

つま先が地面についたら踵はあげます。左右交互に踵からという意識をもって歩いてみましょう。

 

 

最後は内股や外股にならないように、足はまっすぐ前に出します。

 

 

内股や外股の癖がついてしまっている方は、上手く歩けないかもしれませんが、毎日歩くときに歩き方を意識していけば、必ず体の歪みが改善されて関節痛の予防に繋がるでしょう。

 

 

 

今現在、変形性膝関節症(膝の関節痛)でお困りの方へ

 

変形性膝関節症(膝の関節痛)の痛みをとるために開発されたサプリメントを利用します。

 

 

整形外科で紹介された関節痛にもっとも効果の高いサプリメントは、美健知箋(びけんちせん)です。

 

 

テレビで宣伝しているグルコサミンよりも3倍の効果のある優れたグルコサミンです。

 

 

疲労回復に効果のあるユンケルを作っている佐藤製薬が本格的に関節痛に効果があると期待されるサプリメントを開発しました。

 

 

食品なので副作用はありませんから誰でも安心して飲めます。

 

 

実は私もこのサプリメントに救われた一人です。膝の関節痛の痛みが和らぎ、続けて1時間歩くことができるようになりました。

 

 

飲みやすい錠剤で価格も安いので続けられます。膝や背中、腰痛だけでなくすべての関節にも良い栄養素が入っている関節痛改善だけでなく関節痛予防のサプリメントとしてもおすすめです。

 

 

1か月分入っているので、飲み終わる頃には変形性膝関節症(膝の関節痛)も改善され体がかるく感じられるようになると思います。

 

 

変形性膝関節症(膝の関節痛)の予防にも効果が期待できます。

 

 

正しい歩き方をしていくことと、膝関節痛を改善しこの後は予防してくれるサプリメントで健康な体を作っていきましょう。

 

「美健知箋グルコサミン」 公式サイト