秋バテによる関節痛

秋バテによる関節痛を起こさないために

秋バテによる関節痛を悪化させないために私が始めたこと

 

今年の夏は猛暑でした。しかも10月に入っても真夏の暑さが数日ありましたね。夏バテで体調管理が大変って思っていたら、今度は秋バテです。関節痛持ちにとっては辛いです。

 

20℃くらいになって秋の気配を感じ始めたかと思えば、30℃まで気温が上昇し、夏の暑さがぶり返すという異常事態とも言える10月です。毎日の温度差が10℃近くもあったのです。その気象のせいで体調不良を訴える人がたくさんいました。これ秋バテなんです。

 

今年は秋バテで具合が悪くなった方が多かったのだそうです。関節痛だけでなく腰痛や頭痛持ちの方も辛いようです。最近知った秋バテ。夏バテだけでなく秋バテもあるの知らなかったです。秋バテが原因で関節痛や腰痛の方は悪化しないよう注意が必要ですね。

 

私の場合は、朝布団から立ち上がると足首がいつも以上に硬くなっていて床に足をつけると痛みを感じて、しっかりあるけず、ふらついて倒れてしまいました。関節痛が悪化したと思いました。この時はまだ秋バテのことは知らなかったんです。その時にできたと思われるアザがまだ腕に残っています。

 

もともと膝や肩、手指に関節痛があり、最近は気をつけていたのですが、まさか気候の激しい変化でこのようになるとは思いませんでした。秋バテ対策も必要なんですね。

 

関節痛のある方は、今が一番気をつける時期かもしれませんね。私が二度とこのように転倒しないように気を付け始めたことがあります。

 

朝目が覚めたらすぐには起き上がらないことです。仰向けになって、足首を動かします。つま先を伸ばして、今度はつま先を自分の方に向ける。これを10回ほどゆっくりと足の甲を伸ばすストレッチしてあげます。とっても簡単です。足首が柔らかくなり、血流がよくなるため、足首や膝、太もも、股関節などの関節痛で困っている方にも効果がありますので、毎日やってみてください。

 

ますます本格的な秋を迎え涼しくなります。秋バテにならないよう体調管理はしっかりとやっていきたいですね。体の内側から関節痛を改善していくサプリメントに頼るのも大切だと思います。

 

夏バテと秋バテにならない、そして関節痛が緩和していく体力作りを考え直してみましょう。日本の寿命は毎年伸びています。優秀なサプリメントとストレッチで健康で長生きしましょう。

 

関節痛に効く薬はこちらです