関節の話

関節痛はうつ病が原因かも・・・

 

一般的に多く見られる指や膝・肩の関節痛は、日常生活において関節を使いすぎてしまったために起こってしまいう関節の病気です。ところがうつ病になってしまった方も関節痛になることが分かってきました。普段において何かしらのストレスを抱えているとうつ状態になりやすくなります。ストレスがかかりすぎると徐々にやる気が起こらなくなり、うつ病が発生します。うつ病になると関節痛にもなってしまうケースがあります。

 

 

関節痛のある方は、うつ病かもしれません。今すぐストレスがないかうつ病チェックをしてみましょう。

 

・親子関係がギクシャクしていて腹が立つ。

 

・過去に親に対して(子に対して)頭に来ている出来事がある。

 

・今の仕事は自分に向いていないが我慢している。

 

・上司の行動や発言が嫌いだ。

 

・会社・学校に行きたくない。

 

・友達に嫌いな人がいる。

 

・収入がなくて焦っている。

 

・介護に疲れてしまっている。

 

・人間不信だ。

 

・頭痛・吐き気・めまい・下痢・便秘・しびれ・関節痛が頻繁におこる。

 

 

どれか一つでも当てはまればストレスを抱えています。3つ以上当てはまってしまうようでしたら、うつ病の可能性が高いです。最近ため息が多かったり、胃が痛い、下痢をする、ドキドキする、息苦しい、なかなか眠れないなどの症状が出ていたら、うつ病かもしれません。

 

 

悩み事がある人は、うつ病になりがちです。さらには別の病気も併発してしまうのです。関節痛で苦しんでいる方で、うつ病かもしれないと思われた方は、上記に当てはまる項目を解決していきましょう。解決方法は、うつ病かもしれないと思われる原因をノートに1行ずつ書いていきます。あとでメモをするため間を開けておきます。上記以外でもうつ病の原因かもと感じた事柄があれば、全部書いてしまいましょう。これでうつ病を治すためのリストができました。

 

 

書いたものを読み返します。つぎに一つ一つに対して、それは誰が悪いのかを書いていきます。つぎに一つ一つに対して、自分は悪くはないのか?自分も少しは悪い点があったかもと感じたら直すべき点を書いていきます。他人が悪いと思ったら、どうなって欲しいかを書いてください。

 

 

ここでもう一度うつ病を治すためのリストを最初から読み返します。ここまでかけると気持ちが整理できる段階に入りますので、気分が良くなり、うつ状態が軽くなり、同時に関節痛も緩和していくでしょう。それでもなかなか関節痛が治らない場合には、医療チームが開発した関節痛サプリメントで早く治してしまう方法もあります。ご参考にどうぞ。

 

 

「美健知箋グルコサミン」 公式サイト