関節の話

関節痛に効果のある特殊なコラーゲンとは?

 

関節痛にはコラーゲンが必要だとテレビのコマーシャルで聞きます。では本当にコラーゲンは関節痛を治してくれるのでしょうか?

 

 

たとえば膝の関節痛の場合には、整形外科で膝に直接コラーゲンの注射を打ちます。それによって関節痛が和らぐ人がいます。しかし反対に副作用で苦しむ人もいるのです。そのためコラーゲンの注射は副作用が心配になりますので、おすすめはできません。ではコラーゲンを食べた場合は関節痛に効果があるのでしょうか?

 

 

タンパク質のひとつであるコラーゲンは食べると体内でアミノ酸になって腸で分解され吸収されます。お肌の保湿効果としては認められていますが、関節痛の原因の一つである軟骨にはならないため、残念ながらコラーゲンを食べても関節痛は治らないという答えがでています。

 

 

しかし最近の研究で、関節と関節をつなぐ軟骨成分が含まれたコラーゲンがアメリカで開発されました。軟骨成分が含まれたコラーゲンであれば、関節痛を治すことができるという結果を出すことに成功しています。

 

 

膝の関節痛だけでなく、指や手首・肩や腰など全ての関節痛に効果がある軟骨成分配合のコラーゲンを飲むことで、コラーゲン注射をしなくても優れた効果を発揮します。軟骨成分配合のコラーゲンはサプリメンテですので、副作用はありません。食品ですので10代のお若い方から90代以上のお年寄りの方まで安心して飲めるため世界中で賞賛され話題になっています。

 

 

医療チームが開発した軟骨成分配合のコラーゲン・関節痛サプリメントは、早い方で3日で痛みが和らぐそうですのでどうぞご覧下さい。早く痛みから解放されて自由に動き回れる生活が送れるといいですね。

 

 

「美健知箋グルコサミン」 公式サイト