関節の話

ペルテス病について

 

ペルテス病は男の子に多く見られる病気で、早いお子さんでは2歳ころから発症します。歩き方がおかしいなと思ったら、股関節あたりに痛みがないか聞いたり様子を見たりします。ペルテス病は早い時期に発症する関節の病気です。一般には3歳から16歳くらいまでにペルテス病にかかる患者さんが多いです。

 

 

ペルテス病かどうかを見分けるポイントは下半身の関節痛です。とくに股関節痛または膝関節痛になります。痛くてきちんと歩くことができなくなるので、小学生くらいになると自覚できますが、2〜3歳では自分で気が付くには無理があるため親の注意力が必要になります。

 

 

ペルテス病は股関節または膝関節が痛いだけでなく左右の股下の長さが違う・筋肉筋力の低下などを伴います。原因は大髄骨頭骨端核の血流障害であると言われています。最初は股関節痛が起こり続いて膝関節痛が起こります。

 

 

子供のうちは、股の関節や膝の関節に痛みを称したら、ペルテス病でないかどうか医者に相談して股の関節と膝の関節の両方を診察していただきましょう。通常はX線で状態をチェックしますが、初期症状がでたらすぐにMRIで撮影しておいたほうが早めに対処できるのでおすすめです。

 

 

長い間、放置しておきますと、広範囲において痛みがでたり、歩行が困難になり松葉杖の生活になります。関節や骨の変形も免れませんので、関節の痛みがでたら親は敏感になってすぐにお子さんを整形外科に連れて行ってあげてください。

 

 

すぐに病院に行けない理由のある方もいらっしゃると思います。うちの子はペルテス病なのか一般的な関節痛なのかどうかで悩みますよね。悩んでいる間にも進行していきますので何かしらの対処が必要です。お子さんにとって関節痛はとても辛いですし、ましてペルテス病の場合には痛くて思うように歩けません。

 

 

そこで提案です。軟骨成分配合のサプリメントで骨を丈夫にされてはいかがでしょうか。骨を再生させる働きがあり骨を健康にしてくれる食品です。軟骨成分配合のサプリメントで股関節痛や膝関節痛が治ってしまったらありがたいです。ペルテス病ではないといいですね。どうぞお大事にされてください。

 

 

「美健知箋グルコサミン」 公式サイト