関節痛を改善

関節痛は冷やす?温める?

 

【質問】関節痛は冷やすべきですか、温めるべきですか?

 

歳をとったせいでしょうか。立ったり座ったりした時に膝の関節に痛みを感じます。この場合、冷やしたほうがいいですか?それとも温めたほうがいいでしょうか?

 

 

冷やす関節痛と温める関節痛の一覧

 

関節痛によって冷やしたほうが良い場合と、温めたほうが良い場合があります。冷やす関節痛と温める関節痛の一覧をご覧になってご参考にされてください。

 

冷やす方が良い関節痛1
  • 関節のあたりが腫れぼったい・腫れている

 

冷やす方が良い関節痛2
  • 関節に熱を持っている

 

冷やす方が良い関節痛3
  • 関節のあたりが炎症を起こしている

 

冷やす方が良い関節痛4
  • 風邪を引いた時の関節痛

 

冷やす方が良い関節痛5
  • 肥満により膝の関節に負荷がかかっていて膝関節が痛い場合

 

冷やす方が良い関節痛6
  • 加齢により運動不足になっていて足首や膝・腰の関節が痛い場合

 

冷やす方が良い関節痛7
  • スポーツをした後で関節痛を起こした場合

 

冷やす方が良い関節痛8
  • 怪我をした・あるいはくじいてしまった場合

 

冷やす方が良い関節痛9
  • 物にぶつかって痛みのある関節痛

 

冷やすときは、冷湿布を使う。あるいは氷水で冷やしたタオルを関節痛のある部位に当てて冷やしましょう。

 

 

温める方が良い関節痛1
  • 疲れによって痛みのある関節痛

 

温める方が良い関節痛2
  • 年を取って関節の動きが悪くなり痛みを生じる場合

 

温める方が良い関節痛3
  • 朝起きて関節が痛い場合(腫れていないこと)

 

温める方が良い関節痛4
  • 肩の関節と肩甲骨を温める(血行が良くなり、他の関節痛も緩和します。)

 

温める方が良い関節痛5
  • 腰を温める(血行が良くなり、関節の動きがラクになります。)

 

温める方が良い関節痛6
  • 足裏を温める(全身がぽかぽかして血流が良くなり、関節痛が楽になります。)

 

温める方が良い関節痛7
  • 基本的に関節のあたりが腫れていない・熱を持っていない・怪我をしていない・ぶつけていないのであれば、温めても冷やしても気持ち良いと感じる方を選ぶことができます。

 

温めるときは、温湿布を使う。あるいはお風呂に入り、肩まで使って全身の関節を温めると効果的です。

 

 

関節痛を治すなら優れた効果のサプリメントで早く改善

 

年を取ると関節の動きが悪くなり、立ったり座ったりするだけで、関節が痛いと感じることがあります。冷やしたり温めたりすることで、一時的にはラクになります。

 

しかしそれだけでは関節痛を治すことはできません。日々、関節と関節をつないでいる軟骨がすり減ってしまい、やがては歩けなくなってしまう可能性があります。

 

そうなる前に関節を健康な状態に治してあげましょう。関節痛を改善するサプリメントを飲むことをおすすめします。

 

私が通院していた整形外科の看護婦さんから、テレビコマーシャルで宣伝しているグルコサミンよりも3倍の効果のあるグルコサミンを飲むと、関節痛が早く治ると教えていただきました。

 

その商品はユンケルを作っている佐藤製薬が開発した、美健知箋(びけんちせん)という名前のサプリメントです。

 

通常のグルコサミンの3倍の力を発揮するN-アセチルグルコサミンという成分が入っており、食品なので副作用はありませんから誰でも安心して飲めます。

 

私はこのサプリメントに救われました。値段もかなり安いです。早ければ早いほど効き目があります。他の関節にも良い栄養素が入っているサプリメントです。

 

1ビンに1か月分入っています。1ビンを飲み終えた頃にはつらい関節の痛みも治まり改善される事と思います。できることから早めに試してみることをおすすめします。

 

 

「美健知箋グルコサミン」 公式サイト